銀行融資に関する情報まとめ

1銀行融資とは

銀行融資とは口座を持つ顧客に対して資金調達をさせることを言います。

要するにお金を貸すことです。

 

最近は一部の銀行で、口座を持たない人に対してもカードローンを提供するようになりましたが、基本的に銀行融資をする支店に口座を持つ人に対してしか銀行融資はさせません。

また、銀行融資の基本は有担保融資です。

個人向けの営業に銀行が目を向けるようになったため、先ほど述べたカードローンやマイカーローンのような無担保融資も増えてきました。

 

しかし、銀行はもともとこのような融資に慣れていません。

銀行が提供するこの手のローンをよく見ると、保証会社が信販会社や消費者金融になっていることが多いです。

つまり、審査に自信がないため外注に出しているわけです。

 

2銀行融資のイメージ

よく「銀行は晴れの日に傘を貸して、雨の日に取り上げる」という言われ方をします。

借りる側としてはこのようなイメージを持つのでしょうか、貸す側としては不安定な状態になった顧客に資金貸付をすることは、貸倒の危険性が高くなり避けたいのです。

 

銀行も金融機関なので、貸金回収は最優先事項です。

よく、金融機関は収益優先だから、リスクが高くても高金利が狙える顧客を狙うのではないかと言われますが、大きな間違いです。

銀行に限りませんが、金融機関の「商売道具」はお金です。

貸倒になると大切な商売道具がなくなってしまいます。

そのような貸付を金融機関はしません。

 

銀行はこの貸金回収に対する意識が非常に高いです。

「石橋をたたき壊して渡らない」というほどリスクに敏感な銀行なので、融資の基本は個人向けであれば住宅ローン、法人向けであれば安定企業に対する大口融資という事になります。

 

銀行が企業向け融資をする場合、審査が比較的スピーディーに下りるのは、新規投資などの「前向き」の融資です。

融資をすることで事業が拡大し、キャッシュフローが豊かになれば融資の返済も進むし、利息の確保も盤石です。

銀行に限らないのですが、このような融資が一番好まれます。

 

これに対し、運転資金が不足していることを理由とした融資は審査に時間がかかり、審査自体に通らない可能性が高いです。

正に「雨の日には取り上げる」というパターンですが、運転資金が不足しているという事は、事業が衰退していることを意味しています。

銀行融資で一時的に資金が確保されても、再度資金不足になり事業が継続できなくなる可能性が高いです。

 

この場合、銀行では役員などの給与水準を引き下げることや、代表者などの個人資産を担保として提供することを要求します。

キャッシュフローを楽にするとともに、もし会社が倒産した際にも、貸金を確実に回収できるように準備をするのです。

 

3銀行融資から借りる人ってどんな人?

とはいえ、銀行融資は人気が高いです。

審査が厳しい反面、利率が低く、会社の負担が少ないためです。

そのため銀行から融資を受ける人は、個人であれ法人であれ信用力が高い人です。

 

もっとも、信用力だけで融資が決まらないのが銀行の特徴です。

最近、銀行系カードローンの人気が高まっています。

通常、大企業の正社員でなければ審査に通らないと言われていますが、たまに審査では一番不利であろう派遣会社の社員の方が審査に通っているケースがあります。

 

これは、その銀行で長い間取引を続けており、給与振込もその銀行でしているような人なのです。

先ほど銀行は貸金回収に対する意識が高いと述べましたが、裏を返せば貸金回収が確実だと見込まれれば融資をするのです。

貸金回収は、その人の収入だけで決まるわけではありません。

大企業に勤めている人で収入が多くても、信用情報で貸金返済が滞り気味だったり、返済遅延が頻繁にあったりすれば信用は落ちます。

当然このような人は審査に通りません。

 

これに対し、クレジットカードなどの返済を期日通り確実にしている人であれば、貸金回収も確実であろうと判断されます。

しかも、古くからの顧客であれば自宅の場所や親族関係もわかる場合が少なくありません。

万が一の際にも貸金回収は難しくないと判断されれば融資の審査は下りるのです。

 

4銀行融資で借りるには

ここまで読んでいただければ、銀行融資の審査を通すコツは何となくわかってくるのではないでしょうか。

要は、銀行に「貸金回収が確実である」と思わせればいいのです。

 

実際に銀行では融資審査の際に取引履歴を重視します。

取引が長い顧客が一番有利であり、次に取引量が多い顧客が有利です。

先ほど例に挙げたマイカーローンやカードローンを申し込むのであれば、まず口座を開設して給与振込口座にすればいいのです。

これだけで審査はかなり有利になります。

 

何らかの事情で給与振込口座を動かすことができない場合は、クレジットカードの引落口座などに指定することで自分の生活口座にすればいいのです。

生活口座であれば、常にある程度の資金は滞留しているはずだと判断されるのです。

 

5 やるべきこと

銀行融資に限りませんが、審査の際には信用情報が照会されます。

特にマイカーローンやカードローンの場合は、先ほど述べた通り信販会社や消費者金融が審査をするため、クレジットカードなどの利用状況まで審査対象になります。

信販会社や消費者金融が加盟している信用情報機関は、毎月のクレジットカードやカードローンの支払状況を月単位で登録しており、返済が遅れ気味の人は一発でわかってしまうのです。

 

そのため、個人向けローンの審査を通過させるためには「日ごろの行い」が重要になります。

自分の会社は信用がないから、銀行からお金を借りようとしても審査に通らないのではないかと思う人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、クレジットカードなどの支払が毎月期限通りされているのであれば、審査に通る見込は十分あります。

先ほど述べた通り、給与振込口座やクレジットカードの支払口座を移すだけで結果はずいぶんと変わります。

 

6 やってはいけないこと

先ほど述べましたが、どんなに信用力がある会社に勤めていても、日頃の行いが悪ければ銀行の融資審査には通りません。

また、いくら口座がなくても契約できると宣伝していても、カードローンを申し込むのであれば、その銀行に口座を持つことは必須です。

口座を持つ人と持たない人では、信用が違いますし、サービス内容にも差が生じます。

 

もし、クレジットカードの支払が遅れ気味であれば、今月からでも期限通り支払をすることをお勧めします。

先ほど述べた通り、信販会社などが加盟している信用情報機関では支払状況を24回分登録しています。

期限通りの支払実績を積み上げることで、今までの悪いデータが毎月消去され、良いデータと置き換わります。

 

7 まとめ

銀行融資のメリットは低金利であり、デメリットは審査の厳しさです。

つまり、入り口が厳しいものの、入ってしまえば低金利融資を享受できるわけです。

審査をいかに通すかのヒントを述べましたが、銀行は取引が長い顧客を大切にします。

融資審査では「稟議書」という書類を作り、行内で決裁を取ります。

住宅ローンなどの大型ローンは、支店ではなく本店での審査になるため時間がかかります。法人向けの大型融資も同様です。

そのような審査でモノを言うのは、取引履歴というデータなのです。

 

銀行との付き合いは一朝一夕で成り立つものではありません。

1年2年という、年単位の取引が銀行の信用を勝ち取り、審査を有利にします。

もっとも、無理をして銀行が勧める割の悪い投資信託や保険商品を購入することはありません。

そのような取引をするのではなく、普通預金や当座預金で銀行との取引を継続し、ちょっとしたことで銀行をコロコロ変えるようなことをしないことが大切です。

 

信頼を勝ち取れば、厳しいはずの銀行融資のハードルが次第に低くなります。

 

8参考情報へのリンク

http://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/details/ 三井住友銀行カートローン

http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/ MUFGカードローン バンクイック

http://www.bk.mufg.jp/houjin/shikin_chotatsu/index.html MUFG法人向けローン

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*